芋十



  季節の歳時ごとに作られるお菓子を食べるのもまた愉しみです。

  和菓子の季節感は日本が世界に誇れる文化のひとつです。菓子屋は店頭に季節の菓子を

  すこし早目に陳列し始め四季の移り変わりをしらせ、茶の湯でも亭主は季節の菓子で

  ひととき客をもてなします。季節ものには“秋のおはぎ”のように四季の風情を形に

  するもの、“春の草もち”など季節の素材を使って菓子にするもの、“夏の水ようかん”は

  口当たりで季節を表すなどのタイプがあります。

  童庵の季節ものは春の苺羊かん、春の野、里子供、夏季は水菓、くずきりそうめん、玉妙滴、

  秋から栗酒漬、まろ、芋十、冬季の柿の祠のほか、店頭販売限定の饅頭、もち類があります。



芋十 さつまいも餡の焼き菓子


おいもを形どった焼き菓子です。中は芋あん、ほっくりと甘いさつまいもの美味しさが詰まっています。

原材料/さつま芋、小麦粉、砂糖、鶏卵、練乳、手亡、重曹、イスパタ、水飴
消費期限 夏:10日間 冬:10日間

販売価格 250円(税込270円)
種別

カテゴリーから探す

コンテンツ